【IPA解説】二重母音はこれを覚えればOK

前回、米国英語で使わえる母音について解説しましたが、今回は米国英語で使われる二重母音について解説します。
※参考: 【IPA解説】英語の母音は日本語の母音との関係を理解するとスッキリわかる

1. eɪ

」から舌の位置はそのままで、口を少し狭めると / e / が生じます。「」と「」の中間に口の開き具合で、舌のほんの少しだけ後退させると / ɪ / になります。/ e / の音から、滑からに / ɪ / の音に移行することで / eɪ / の音が生じます。

[例]

  • April /ˈ.pɹəl/
  • baby /ˈb.bi/
  • cake /kk/
  • date /dt/
  • eight /t/

2. ɔɪ

」から口の開き具合を少し上げると / ɔ / が現れます。舌の位置と唇の丸め具合は「」と同じです。/ ɔ / の音から、滑からに / ɪ / の音に移行することで / ɔɪ / の音が生じます。

[例]

  • boy /bɔɪ/
  • enjoy /ɪnˈdʒɔɪ/
  • destroy /dɪˈstrɔɪ/
  • join /dʒɔɪn/
  • toy /tɔɪ/

3. aɪ

」から舌の位置はそのままで、口の大きさを「」と同程度まで広げると / a / が生じます。/ a / の音から、滑からに / ɪ / の音に移行することで /  / の音が生じます。

[例]

  • arrive /əˈɹv/
  • behind /bɪˈhnd/
  • child /tʃld/
  • drive /dɹv/
  • fire /fəɹ/

4. aʊ

」の位置からほんの少しだけ口を狭め、舌をほんの少しだけ前進させると / ʊ / になります。唇は少し丸めます。/ a / の音から、滑からに / ʊ / の音に移行することで / aʊ / の音が生じます。

[例]

  • around /əˈrnd/
  • cloud /kld/
  • down /dn/
  • house /hs/
  • now /n/

5. oʊ

」の形から舌の位置はそのままで、口の開き具合を狭めると / o / が現れます。舌の位置と唇の丸め具合は「」と同じです。/ o / の音から、滑からに / ʊ / の音に移行することで /  / の音が生じます。

[例]

  • below /bɪˈl/
  • close /klz/
  • go /ɡ/
  • hold /hld/
  • joke /dʒk/

コメント