第2回 提案・命令・必要性と動詞の原型

未分類

TOEICの頻出問題の1つに 提案・命令・必要性を表すセンテンス内の動詞の型を問うものがある。次の典型的な問題を例にとって解説してみたいと思う。
_____
It is important that Ototake ——- his stupidity.
(A) admit
(B) admits
(C) be admitted
(D) have admitted
_____

答えは(A)admit となる。Ototakeは3人称単数なので、(B)admits を入れたくなるがここでは「提案・命令・必要性を表す語句に続くthat節の中では「動詞の原型」または、「should +原型」を使う」というルールを思い出さないといけない。

It is important that Ototake admit his stupidity.
(自分の愚かさを認めることが乙武氏にとって重要なことだ)

この文章ではimportant という重要性を表す語句があるので、原型の (A) admitを選択しなければいけない。選択肢のなかに should admit があれば、これも正解になる。ちなみに米国では原型が使われ、英国ではshould + 原形が使われる傾向がある。

提案・命令・必要性を表す語句に続くthat節の中では原型を使うのは、that 以下の内容が現実のものとなっていないからだ。上記の例文では乙武氏が愚かさを認めることは現在の事実ではない。よって現在型の (B) admitsは使えない。

最後に以下の重要例文を一緒に復唱して、今回は終わりにしよう。

1. It is important that Ototake admit his stupidity.
(自分の愚かさを認めることが乙武氏にとって重要なことだ)

2. It is important that Ototake should admit his stupidity.
(自分の愚かさを認めることが乙武氏にとって重要なことだ)

3. A friend of Sean K advised that he tell the truth.
(ショーンKの友人は彼に本当のことを言うようにアドバイスした)

4. A friend of Sean K advised that he should tell the truth.
(ショーンKの友人は彼に本当のことを言うようにアドバイスした)

コメント